小諸市M様 ご自宅に600タイプ納入

2023年12月21日

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

小諸市M様 ご自宅に600タイプ納入

小諸市にお住いのM様がこの度、新居を
建てられそこに当社の600タイプを納入
させていただきました。

今回のお仕事はこれまでにないご縁が
たくさんありました。

それについても述べたいと思います。

ご注文までの経緯

M様は、私がこの仕事を始める以前から当社を
ご存じでした。

家の新築の際は薪ストーブを導入したいという
想いは以前からお持ちで、当社の薪ストーブも
選択肢の一つでした。

ホームページの問合せフォームからご連絡
いただき当社までお越しいただきました。

前述の通り、当社の薪ストーブは選択肢の
一つでしたので、他社製もご検討されて
おりました。

そのような中、ご来訪された際に
薪ストーブ自体の事や、煙突工事の事
薪の事について説明させていただきました。

M様がお帰りになった直後に以下のメールを
いただきました。


お話を伺い佐藤様の製作にかける想いやユーザー
への真摯な対応など感じることができました。

私たちもぜひ佐藤様の薪ストーブを導入させて
いただきたく存じます。

購入にあたり必要な情報や作業がございましたら
お申し付けください。

このようなメールは本当に嬉しいです。
薪ストーブの機能や性能の事を褒められるのも
もちろん嬉しいですが、お客様に対する当社の
姿勢を褒められるのはもっと嬉しいです。

あと、M様は先代の社長である私の父の事も
ご存じでした。

家を新築する何年も前から当社をご存じで
改めて、薪ストーブ導入を検討された際に
インターネットで検索したら、代替わりした
当社のホームページにたどり着きました。

建設会社は当社スタッフの親族

M様のご新居は㈲クボケイ様と言う会社が
施工されました。

断熱に対してとてもこだわっておられ
性能が高いのはもちろん、造作も素晴らしいです。

実は、こちらの㈲クボケイ様は
当社スタッフ窪田のお父様、叔父様、従弟が
経営する建設会社だったのです。

私はそのことを全く知らずに現場で
作業をしました。

その時に、一人の建具職人さんが現場に到着され

「何屋さん??」

と聞かれ

「ストーブ屋です」

と答えた瞬間にこの職人さんは窪田のお父様
であるに違いないと思いました。

そして、

「もしかして、窪田さんのお父さんですか?」

と質問すると

「そう。ストーブ作っている佐藤さんだよね?」

と言うことになりました。

窪田のお父さんとは以前一度だけお会い
したことがあったのでこのような会話
に繋がりました。

そして、現場を仕切っている社長がなんと窪田の
従弟であることを知りました。

そして、現場の大工さんが窪田の叔父様なのです。

いや~びっくり仰天でした。

同じ地域で仕事をしていれば
現場で一緒になることは今となっては
考えられますが、まさか当社スタッフの
親族が経営する建設会社がM様の家を新築
されているとは全く予想できませんでした。

この日は、スタッフの窪田は工場で
製作業務をしておりました。
ですので、建具職人のお父様と社長の従弟と
対面することはありませんでした。

この写真はお父様から窪田に送られた
設置直後の写真です。

火入れ

設置を終えて数日後、M様に火入れも兼ねて
操作説明をさせていただきました。

この時は、さすがに窪田にも同行
してもらいました。

何せ、窪田のお父様、叔父様、従弟が
建てた家に当社の薪ストーブが納入
されるのですから。

この時に、親子の会話がなされました。
なんだかとても微笑ましかったです。

火入れはM様ご夫妻、㈲クボケイの皆様と
行い、みんなで暖かさを分かち合いました。

このつながりを作ってくれたはM様のおかげです。
M様が私たちは引き寄せてくれたのです。

M様、素敵な薪ストーブライフを
お過ごしくださいね♪

それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

このページの先頭へ戻る